アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
大叔父の家から出てきたもの  【行き掛けの駄賃 】

行き掛けの駄賃

すっかり寒くなりましたねー
ヘッドライン

大叔父の家から出てきたもの  

2019/03/12 追記

その神経がわからん!その49
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1551689073/

33:名無しさん@おーぷん:2019/03/06(水)23:29:40 ID:1vb.1g.nt ×

先日、実家に帰省した時の話。
だいぶ前に大叔父が亡くなり、このたび大叔母も施設に入ったので親戚一同で大叔父夫婦の家の整理をしてきたという。
そのとき、祖父が「こんなものを見つけた」と、勲章を六つほど見せてくれた。



なんでもそれらは軍人ではないが公務に携わっていた曾祖父が貰ったもので、勲八等瑞宝章、勲七等瑞宝章、
昭和大礼記念章などなど。瑞宝章の勲八等と七等は現在では廃止されていて勲章の等級としてはそれほど高い
ものではないと思うが、たった一枚だけある曾祖父の写真の胸を飾っている勲章の現物がこれだと思うと、
俺はやや興奮気味。
しかし、そんな俺を見て祖母が一言。

「そんなおもちゃみたいなもん、一銭の価値にもなりゃしない。捨てちまえばいいのに」

たしかに戦時中に造られたからなのか、材質も俺が見てもわかるほど良くはないし、塗装も剥げてるところがある。
しかし、材質やお金の価値云々ではなく、うちの先祖に勲章を貰った人がいるという事実そのものが価値じゃないだろうか。
それを軽々しく「捨てちまえ」と言えるその神経がスレタイ。

さらに、なんと日本刀も出てきたという。
しかし、鞘も鍔も柄もなく、剥き身のまま新聞紙に包んであったという。
ただ、その刀は脇差しサイズの「備前長船」。
俺は現物は見ておらず、まだ大叔父夫婦の家にあるそうなのだが、それについても祖母は

「あんなでっかい包丁なんか、置いておくだけ危なくてしょうがねえ。屑鉄に売れば二束三文だべ」

いやいや、備前長船なんて刀に詳しくない人でも名前ぐらいは知ってる名刀でしょ。
備前長船も色々あるらしいからどれほどの価値があるかもわからないけど、それを包丁だの屑鉄だの……。

そこまで要らないと言うなら俺自身が欲しいくらいだが、残念ながらうちには小さい子がいるのでさすがに
危ない。なのできちんと登録をして、白木でもいいから鞘を造って、誰が貰うかはともかくとして
「ちゃんとした」方がいいと力説するも祖母の「危ねえ」「役に立たねえ」「価値もねえ」という考えは
変わらず。祖父と「価値がわからんというのは怖いねぇ」としみじみ頷き合った。

いまのところ、備前長船については保留中らしい。


34:名無しさん@おーぷん:2019/03/07(木)00:14:20 ID:QVQ.ai.pu ×

家庭を守ることにひたすら人生を捧げた昔の女性だから、お祖母さんのように社会的歴史的価値に無関心になるのかも、仕方ない事かもしれないね。
せっかくご先祖の残された素晴らしいお宝だから、ゆくゆくは>>33が大事に受け継いでいけばいいと思う。
刀は貸倉庫とかを利用したらどうだろう。

35:名無しさん@おーぷん:2019/03/07(木)02:39:30 ID:DyP.tr.lf ×

刀も勲章も羨ましい!
ぜひ大事に伝えていってほしい

2019/03/12 追記

132:名無しさん@おーぷん:2019/03/12(火)00:41:40 ID:y7X.vs.ze ×
先日、大叔父の家から勲章と備前長船が出てきたという話をした者です。

この土日に所用で再び実家に戻った折、備前長船は私の実家で保管することとなったと聞きました。
まあ、私はまだ現物は見ていませんし、私自身も刀の目利きができるような者ではないので実物を見たところで本物かどうかもわからないんですが、日本刀そのものだって安いものじゃないので。
私のアドバイスを容れてくれて、きちんと登録をして鞘についても検討するとのことです。ただし、万が一に備えて箱にしまって外には出さないということです。
相変わらず婆さんは渋い顔でしたがw

戦争についての嫌な思い出云々についても訊いてみたのですが、祖母曰く「戦争? んなもん関係ねえ。今時チャンバラするでもなし、腰に差して歩けもしねえ。あっても危ねえだけだんべ」だそうです。

ちなみに、祖父方の曾祖父母は祖父母が結婚するより前に亡くなっております。
なのでまぁ、残念ながら祖母の照れ隠しなんていうかわいらしいものではないようですw。

勲章は、曾祖父の遺影の前に飾ってありましたw。


134:名無しさん@おーぷん:2019/03/12(火)06:41:11 ID:ufI.cn.4d ×

>>132
大事にしたら、家の守り刀になりますよ
と、にわか知識で言ってみる



そら祖母さん世代からしたらゴミみたいなもんだろ
それが理解できない方も神経がわからん
[■ No.275057 ■ ] [ 2019/03/07 15:16 ] [ 編集 ]
保管するだけならいくらでもやりようはあるし、自分のとって価値がある、譲ってもらいたいと思ってるなら、それをしっかりと伝えて一旦は預かってきなよ。
その上で保管をどこかレンタル倉庫的なの借りるのか、DIYで木製の箱作って鍵付きにするとかさ、色々やり方はあると思うんだけどな。
[■ No.275060 ■ ] [ 2019/03/07 15:33 ] [ 編集 ]
報告者の曾祖父ということはばあさんにとっての舅だろ
家庭板に書き込んでおきながら、曾祖父がクソウトだったのでは?というゲスパーすら発動させられんとは
家庭板脳の風上にも置けん奴だな
[■ No.275061 ■ ] [ 2019/03/07 15:37 ] [ 編集 ]
No.275060
そして今度は報告者嫁が「旦那がしょうもないガラクタ持って帰ってきた」とネットに愚痴るわけですなw
[■ No.275062 ■ ] [ 2019/03/07 15:41 ] [ 編集 ]
興味がなければいらんという当たり前のことも理解できないところが理解できん
いらんならくれと引き取って鞘つくれ
口出すならそれくらいの覚悟はあるだろう
[■ No.275065 ■ ] [ 2019/03/07 16:09 ] [ 編集 ]
備前長船の刀すごいな! 貸金庫なり信頼できる親戚に預けるなりして大切にしてほしい

No.275057
あの世代の人だから価値が理解できないのはしょうがないとしても、刀すら捨てちまえって言っちゃうのはやっぱおかしいでしょ
[■ No.275066 ■ ] [ 2019/03/07 16:09 ] [ 編集 ]
故人の大切なものは、ちゃんと大切にすべきだよ!
[■ No.275067 ■ ] [ 2019/03/07 16:19 ] [ 編集 ]
地域の博物館にでも相談してみれば?
捨てるよりは資料として有効活用してくれそうだけど。
[■ No.275068 ■ ] [ 2019/03/07 16:27 ] [ 編集 ]
いっそのことしっかりしたところで鑑定してもらった上で適切な管理ができる組織に鑑定額を目安とした代価で譲渡するのが一番いいんじゃないだろうか
[■ No.275071 ■ ] [ 2019/03/07 17:10 ] [ 編集 ]
家を守るというなら、勲章も刀も家のホマレで名誉だよな
婆さんただの「勉強なんて役にも立たんから行かんでいい」脳だと思うわ
[■ No.275072 ■ ] [ 2019/03/07 17:18 ] [ 編集 ]
備前長船うらやま
[■ No.275074 ■ ] [ 2019/03/07 18:20 ] [ 編集 ]
この婆さんこそ「そんなおもちゃみたいなもん、一銭の価値にもなりゃしない。捨てちまえばいいのに」
[■ No.275077 ■ ] [ 2019/03/07 18:54 ] [ 編集 ]
おばあさんには他に守るべきものがあったからこそ、そんな物なんかに価値なんか感じられないかもしれないのにね
[■ No.275080 ■ ] [ 2019/03/07 20:31 ] [ 編集 ]
どっちにしてもこのおばあちゃんは物の価値がわからない事に変わりは無い。
価値観が違うとかは言い訳にすぎん。
[■ No.275082 ■ ] [ 2019/03/07 21:03 ] [ 編集 ]
昭和の著名な評論家とその奥さんについてのエッセイ読んだことあるけど、ずっとその評論家に端から見ても奴隷か召使いのように扱われていた奥さんは、評論家の死後、その原稿等もさっさと処分しようとしたので後輩がやむなく持ち帰ったり、評論家の持ち物も家も速攻で処分して自分の実家の方へ引っ越していったそうだ。

この記事のお祖母さんは本当にただ勲章や刀に価値を感じないだけかもしれないけど、遺品の持ち主に嫌な思い出があって、そのせいで処分したがるのかもしれないとも思ったよ。
[■ No.275083 ■ ] [ 2019/03/07 21:18 ] [ 編集 ]
そんな時こそ、何でも鑑定団
[■ No.275084 ■ ] [ 2019/03/07 21:23 ] [ 編集 ]
備前長船は本物なんだろうか
勲七等瑞宝章あたりは現代のイメージだと勲章というより勤労賞みたいな感じだし
祖母さんはわりと的確なこと言ってるのかもしれん
[■ No.275085 ■ ] [ 2019/03/07 21:24 ] [ 編集 ]
民芸品とか骨董好きな自分には信じられない話だ。私は亡き祖母の戦前の御朱印出てきたときはめっちゃテンション上がったわ。
お金にならなくても、祖父祖母時代の当時の生活や趣味を知るのって楽しいのに。
[■ No.275090 ■ ] [ 2019/03/07 22:27 ] [ 編集 ]
戦時中にもらった勲章で家の誉れなら、終戦でその価値観がひっくり返って戦犯扱いになった
可能性もあるんでね?
[■ No.275094 ■ ] [ 2019/03/08 00:04 ] [ 編集 ]
備前長船の脇差はすごいな
決して捨てるということだけはしないでほしい
もう古い日本刀は国の財産なのだから
[■ No.275097 ■ ] [ 2019/03/08 02:30 ] [ 編集 ]
うちも母方の叔父さんが学者で瑞宝章かなにか叙勲を受けてる
勲章貰う時に一緒にもらった時計を母が譲り受け家で飾ってある
[■ No.275098 ■ ] [ 2019/03/08 02:41 ] [ 編集 ]
備州長船を備前長船と勘違いしてんじゃない?
[■ No.275099 ■ ] [ 2019/03/08 02:57 ] [ 編集 ]
値段がつくところっと変わるよこういう人
鑑定団で見たから知ってるんだ俺は
[■ No.275110 ■ ] [ 2019/03/08 08:05 ] [ 編集 ]
No.275082
まあまあ。
あなたもこの世の全ての「物の価値」とやらがわかってるわけでもないでしょうに。
[■ No.275114 ■ ] [ 2019/03/08 08:52 ] [ 編集 ]
そんなに有名な刀なら偽物も多いんじゃない?
親族が誰も存在を知らなかった民家に剥き身で放置されてた刀が本物な可能性ってどの位かな
鑑定団でも偽物ばっかりの回とかあるよね~
[■ No.275116 ■ ] [ 2019/03/08 08:58 ] [ 編集 ]
っていうか親戚も「一同」っていう位何人もいるだろうに、大叔母の所有物の「価値があるもの」を欲しがれば無条件で手に入ると思ってそうなのがキモチワルイ
報告者は家の片付けに参加した訳でもない(労力も提供していない)のに
[■ No.275117 ■ ] [ 2019/03/08 09:05 ] [ 編集 ]
No.275117
とはいえ、ただ捨てるって言うなら関心のある人が引き取るってのは割と現実的な選択肢だと思うんだがな。無条件でもらえると思ってるかどうかはこれだけじゃわからんだろ。
[■ No.275119 ■ ] [ 2019/03/08 09:48 ] [ 編集 ]
でも口だけで手も金も出さない人が何言ってもねぇ…
[■ No.275196 ■ ] [ 2019/03/09 14:21 ] [ 編集 ]
追記更新致しました
[■ No.275406 ■ ] [ 2019/03/12 15:33 ] [ 編集 ]
No.275094
戦後でも皇室やその勲章の権威が失墜したわけじゃないよ
むしろ大事にしなきゃ周囲から袋叩きに合うしろものだった
[■ No.275414 ■ ] [ 2019/03/12 17:11 ] [ 編集 ]
又聞きだけで偉そうに語ってたのか
[■ No.275421 ■ ] [ 2019/03/12 20:43 ] [ 編集 ]
私も刀の価値わからない人間なので、使いもしない刃物を家に置いときたくないお婆さんの気持ちわかる
知り合いもご主人亡くされた後、あっさり引き取って貰ってたな
[■ No.275431 ■ ] [ 2019/03/12 23:06 ] [ 編集 ]
ちょっとかじっただけの知識でああしろこうしろと騒ぐ、って一番厄介なやつやん
結局具体的なことはなにもしてないのにね
[■ No.275439 ■ ] [ 2019/03/13 09:44 ] [ 編集 ]
口出しだけしてるんじゃなくて、せっかく貴重なものが出てきたんだから登録だの鞘を造るだのしてきちんと誰かが持った方がいいよとアドバイスしてるんだと思うけど。
[■ No.275624 ■ ] [ 2019/03/15 23:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスランキング
admax【広告】
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
人気ページ
御来場者数
楽天