アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
母は私を連れて離婚。世間体を重視する親戚から絶縁された  【行き掛けの駄賃 】

行き掛けの駄賃

2日続けての地震&緊急地震速報……orz
ヘッドライン

母は私を連れて離婚。世間体を重視する親戚から絶縁された  

何を書いても構いませんので@生活板66
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1536208757/

18 :名無しさん@おーぷん :2018/09/07(金)01:38:40 ID:po9 ×

私の実父は昔碌でもないことを仕出かし、母は私を連れて離婚
しかし母方の親戚は世間体をものすごく重視するので、母と私は親族から絶縁された
母の親族は皆子どもたちを迷わず私立の学校に入れるくらいには裕福らしく、私の従兄弟たちは皆、お嬢様やお坊っちゃんばかり
生活保護ギリギリの私はかなりバカにされながら育った

15歳の高校一年生の冬、母が倒れて入院することになった
貧しい私達が住む団地は訳有の人がそれなりにいて、全12世帯が入ってるんだけど、知的障害者の人たちがやけに多かった
そのうち知的障害の子供三人抱えた老夫婦のところの長男(40過ぎ)がかなり色キチ
私は1人で大丈夫だと言いはったんだけど、母の従兄弟だったか、独身男性の家に預けられることとなった
母の親戚だけあって、その男性の家は屋敷と言えるほどの大きさだった
男性は母より10歳は上で、寡黙で、私も元々寡黙だったから会話はほぼ無し、挨拶だけの毎日
私が食事の度に手を合わせていただきます、ごちそうさま、と言うと、無言で頷いていたのをよく覚えている
通いの家政婦さんとの方が100倍くらい話してたと思う
私は朝6時に家を出て、帰るのが20時過ぎ、寝るのが23時、土曜日も学校があったので、預け先でゆっくりできたのは日曜日だけ
それでも日曜日は宿題やテスト勉強に忙しく、与えられた部屋にこもっているか、気分転換にテラスで延々と英語のCDを聞いて発音や構文を詰め込んでた
母は2週間ちょっとで退院できることとなった
退院の日が近づいた時、男性が変なことを聞いてきた
「この家の中にあるもので何でも一つ与えると言ったら何が欲しい」
なんかそんなことを言われた
断ろうと思ったけど、何か断り難い、硬い空気で、わたしはおずおずと、辞書を探すために入った書庫で見つけた一冊の絵本をあげた
海外の絵本で何が書いてあるのかわからなかったけど、絵が綺麗で一目惚れしたものだった
油絵で描かれていて、夜景が描かれた絵の青と紺の色合いが鮮やかで、絵本のあるところだけ違う世界が広がっているようだった
そんなことを辿々しく説明していると、男性がその本を私に差し出した
だけど私の家は本当にボロくて、そんなきれいな絵本を持って帰っても、傷めてしまうと思った
それに書庫の雰囲気はその絵本の魅力を引き立たせていると感じた
だからそれも伝えて辞退した
その時男性と色々と話したんだけど、私は本が好きだけど、本は高いから買えないこと
小・中と学校に図書室がなく、図書館も遠くて、2週間に1回くる移動図書が楽しみだったこと
高校には図書室があるけど、勉強が忙しくてあまり読めないこと
アルバイトで好きな作家の本を買ったけど、家に本の置き場所が無いこと
いつか父の作った借金を返し終え、引っ越すことができたなら、小さな書庫を持って、そこに好きな本を少しずつ貯めていきたいことを話した
それが私の目下の生きる意味で目的だとも
日記を見返すまで忘れてたほどの遠い記憶

そんな会話をしてから15年、男性が遺書で私にあの屋敷と本を残すとの遺言を残して逝ってしまわれた
母方の親族とは一切交流がなかったが、やいのやいのと騒いでくる
だけど現実味がなくて、なんだか夢を見てるみたいで、今でもフワフワしてる
屋敷を見に行ったけど、中はもう殆ど空っぽで、書庫だけが当時のままだった
男性は私が好きだと言った絵本のページを開いて書庫の机に置いて眺めていたらしく
ライトのせいか、そのページだけ、記憶より少し色あせていた

男性が逝ってしまわれたことも全然実感がわかないけど、あの書庫と屋敷があなたのものだと言われたのはもっと現実味がない
ひとまず専門家を挟まないと何がなんだかわからないので、今はあえて考えないようにしている
たった2週間と少しお世話になった男性が、なぜ私に残そうと思ったのか
可能ならば男性にもう一度会ってじっくり話したかった


19 :名無しさん@おーぷん :2018/09/07(金)02:10:35 ID:5Df ×

>>18の素直で正直な健気な姿が変な意味ではくて愛おしく見えたんじゃないの
金や家が欲しいじゃなくて本を本当に好いて語る姿を思い出してがめつい輩に好き勝手されるくらいなら、あの子にあげて夢を叶えてあげよう。みたいな

正直、屋敷と本”だけ”渡されても税金維持費でどうしようもないと思うんですが(名推理)
[■ No.258839 ■ ] [ 2018/09/08 21:12 ] [ 編集 ]
コレクターが自分が死んだときに自分のコレクションをその価値を分かってくれるコレクターに譲るのはよくあることだわ。
自分と価値観が同じだなとか、なんかシンパシー感じてしまったのではないかしら。
[■ No.258840 ■ ] [ 2018/09/08 21:27 ] [ 編集 ]
だよなあ
遺産で屋敷と本だけ残すくらいなら、成人するまでの学費援助とか生活費援助のほうがずっとマシでは
母方親族ってお金はあったけど情はないのね
[■ No.258841 ■ ] [ 2018/09/08 21:35 ] [ 編集 ]
立派なお屋敷で欲しがるのが絵本っていうのがいじらしいというかなんというか、辞退する理由も素敵だし
って思ってなんだかしみじみ感動しちゃったけどまあ現金渡せやとかいきなり迷惑だって意見も納得ではある
[■ No.258842 ■ ] [ 2018/09/08 21:53 ] [ 編集 ]
前半の団地に住む知的障害者がどう話に絡むのかヒヤヒヤしながら読んだのに!
[■ No.258843 ■ ] [ 2018/09/08 22:03 ] [ 編集 ]
嫌われてるっぽい、もしくは渋々預かってくれたっぽい親族の家の書庫に入って、私物勝手にいじる報告者の胆力もなかなか
たとえ許可あったとしても、用のない絵本にまでは手を出せなくない?
家主と仲良くなったなら分かるけど、ほぼ会話ないわけでしょ
不興を買ったら追い出されるとは思わなかったのかな
てかその状況高校やめて働かなきゃいけなくなるかもってひどい状況だと思うんだけど、そこで絵本綺麗は純粋さん通り越して天然さんにみえる
[■ No.258844 ■ ] [ 2018/09/08 22:22 ] [ 編集 ]
No.258844 書庫使ってもいいかと尋ねたか自由に使っていいよと言われていたんじゃないの
[■ No.258845 ■ ] [ 2018/09/08 22:25 ] [ 編集 ]
純粋な者が純粋さを見るところに豚は汚れを見る
[■ No.258846 ■ ] [ 2018/09/08 22:39 ] [ 編集 ]
258840に同意
この子なら価値がわかってくれる、的な感じだったのでは。
屋敷もついてきたのは、書籍全部じゃ家におけないかもしれないからついでの箱物だったのでは?
[■ No.258847 ■ ] [ 2018/09/08 22:59 ] [ 編集 ]
コメ欄が醜いな
書いてる人たち、自身が醜い自覚はあるんだろうか
[■ No.258849 ■ ] [ 2018/09/08 23:06 ] [ 編集 ]
本好きの人だったから、報告者さんに大事な本と試着のあるおうちを残したんでしょ。
いいはなし
[■ No.258853 ■ ] [ 2018/09/08 23:56 ] [ 編集 ]
自分より10歳も年上のそこまで交流がなさそうな独身男性に年頃の娘を預けるかな
凄く親しくしてた従兄弟なら報告者も少しは知ってるはずだろうけどそんな感じでもないし
ってかそんな知らないおっさんの所に行けとか言われたら私が15歳なら絶対に嫌だが
ってか独身のおっさんの屋敷って即日で女の子が住める環境になってたのかな?
母方の従兄弟なら本家を譲って貰ったって感じでもないだろうしもともと子供がいた人かな?
[■ No.258855 ■ ] [ 2018/09/09 00:01 ] [ 編集 ]
母方親族の中でも独身で世間体にそれほど拘らず客部屋に余裕があり通いの家政婦さんがいるから可能だったのかも
これから入院する従姉妹の頼みを無下に断れず受け入れた、とか想像するしかない
[■ No.258860 ■ ] [ 2018/09/09 01:10 ] [ 編集 ]
No.258855
比較対象が40過ぎの色キチ付きのボロ団地だから、報告者母娘側に選択の余地はないよ
親族側としても世間体を気にするなら身内が事件に巻き込まれる事態は避けたいだろうし
屋敷に家政婦さんがいるなら男性からしても受け入れは許容範囲だったんじゃないかな
[■ No.258861 ■ ] [ 2018/09/09 01:25 ] [ 編集 ]
親戚一同から縁を切られてたから疎遠になってたけど、もともとお母さんと親交があったし信頼もあったんでしょうね
[■ No.258862 ■ ] [ 2018/09/09 01:55 ] [ 編集 ]
主人公(報告者)が男の子だったら長.野.まゆみの小説にありそう
[■ No.258863 ■ ] [ 2018/09/09 02:01 ] [ 編集 ]
色基地に預けられたんかと思ったわ
[■ No.258864 ■ ] [ 2018/09/09 02:03 ] [ 編集 ]
母親も生活保護に落ちないように頑張って働いてた場合、外野は安易に援助は言い出せないこともあるだろ
感じ方によっては馬鹿にされてると思う場合もある
今回の入院みたいなもしものときには援助する距離感だったんじゃねーのかな
いいとこの屋敷みたいだから相続税がちと心配だがそれも考慮した遺言になってるといいね
本人もきちんと勉強してる人っぽいからちゃんと就職して蓄えありそうだけど結婚して子供いたら現金厳しいやもしれぬ
[■ No.258865 ■ ] [ 2018/09/09 02:57 ] [ 編集 ]
普通に書けば良いのに
余計な情報が多過ぎる上に一節が長い
[■ No.258866 ■ ] [ 2018/09/09 03:11 ] [ 編集 ]
何を書いても構いません だし長文もOKだと思うけど、嫌いな人多いね、自分は普通に読めた
[■ No.258869 ■ ] [ 2018/09/09 04:42 ] [ 編集 ]
父親親族も母親親族もクズとしか。
父親有責でも世間体重視ねぇ。
金持ち一族なら逆に父親一族攻撃して母子を庇うかとばかり。

そんな中で唯一冷静に公平に対応してくれた人だったんだろうな。
[■ No.258871 ■ ] [ 2018/09/09 06:48 ] [ 編集 ]
No.258855
自分(母親)より10上だぞ
15の母親なら40かそれ以上だろうしそれの10上なら50から60だ
おっさんどころかおじいさんに片足突っ込んでる
そこに行かないなら近くの障害者と一緒に一人暮らしをするしかないんだから行くだろ
[■ No.258873 ■ ] [ 2018/09/09 08:02 ] [ 編集 ]
No.258871
今の価値観で照らし合わせるとクズだけど、当時の価値観では違うと思うよ。
中途半端な都会なら、報告者が男の子だったら父親親権になった可能性が高いってくらい常識が違う。
[■ No.258877 ■ ] [ 2018/09/09 09:00 ] [ 編集 ]
おとぎ話としては良い話だけどね…
いくら田舎でもお屋敷といえるような家屋じゃ莫大な相続税が掛かるし通年での決して安価ではない固定資産税や修繕費の事を考えると、純粋に良い話だねとは言えないなぁ
[■ No.258878 ■ ] [ 2018/09/09 09:15 ] [ 編集 ]
無理やり考えると屋敷にかかる税や維持費限定で
それなりの資金も遺贈されたとか・・

>ひとまず専門家を挟まないと何がなんだかわからない
という一文からして、屋敷自体は担当の弁護士が維持管理してくれて
報告者は好きな時に書庫に出入りしていい、みたいな条件なのかね
まさかアラサーの報告者今の生活放り出して完全アウェーの田舎に移住しろ
みたいな話でもないだろう
[■ No.258881 ■ ] [ 2018/09/09 10:21 ] [ 編集 ]
No.258873
母親の立場として自分より10も上のそこまで交流ない独身の従兄弟に年頃の娘は預けないよ
そもそも母親がフルで働いてる時点でこの女子高生は一人の時間も多いはずだから2週間程度なら池沼の心配とかしないでしょ
ってか絶縁されてるのにバカにされてる情報なんて入ってくるもんなの?
相続自体は図書館もないような田舎だから税金とかナシの可能性も高い
[■ No.258894 ■ ] [ 2018/09/09 13:22 ] [ 編集 ]
なんで普通に読めないの?
[■ No.258924 ■ ] [ 2018/09/09 21:09 ] [ 編集 ]
↑読解力が足りない人だから
[■ No.258949 ■ ] [ 2018/09/10 01:28 ] [ 編集 ]
男脳なんでしょ
無理やり妄想してでも批判して冷静で論理的になれたつもり
[■ No.258967 ■ ] [ 2018/09/10 09:07 ] [ 編集 ]
俺は、アホだから、屋敷と本をの所で涙目になった。この言葉だけで、素敵なストーリーがいくつも浮かびそうな気がするよ。
[■ No.258971 ■ ] [ 2018/09/10 10:33 ] [ 編集 ]
昔父方の親戚筋の人がかなりの資産家で、でも独身で土地やビルを複数所持してた人がいたらしい(自分が産まれる前の話)その人がやはり親戚の中であまり裕福じゃなかった人に土地と建物を残した。
所が、税金とか維持管理費だけでその家族の収入を簡単に超えてしまうので払えきれず売ってしまった。これは他の親戚からも相当責められたらしく、譲ってもらった親戚はそのまま何処かへ行ってしまった(未だにどこへ行ったかは不明らしいが、今あっても判らないだろうって、言ってた)
その土地屋敷があった場所は今は公園になってる。
[■ No.259349 ■ ] [ 2018/09/13 14:45 ] [ 編集 ]
No.259349
悲しい結末だけど、それはそれで絵本のようなお話だね
[■ No.259353 ■ ] [ 2018/09/13 15:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスランキング
admax【広告】
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
御来場者数
楽天