アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
どうやら自分は親しい人の不幸で泣けない質の人間であるらしい  【行き掛けの駄賃 】

行き掛けの駄賃

2日続けての地震&緊急地震速報……orz
ヘッドライン

どうやら自分は親しい人の不幸で泣けない質の人間であるらしい  

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その22
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1524481841/

926 :名無しさん@おーぷん :2018/07/25(水)00:14:48 ID:dxV

どうやら自分は親しい人の不幸で泣けない質の人間であるらしいと悟ったこと
普段はむしろ涙もろいタイプで、映画でもドラマでも本でも登場人物が死んだりするとボロ泣きしてしまう
だけどいざそれが自分の身に降りかかると頭が非常モードに切り替わるというか、
自分はそれにどう対処すべきか?今から何をしなきゃいけないんだ?みたいな思考で頭がいっぱいになる



もともとトラブルに直面すると妙に冷静になって「ここから被害を最小限に抑えるには何をすべきか」という思考になることが多くて、
それが自分の長所だと思ってきたんだけど、さすがに実の父親が倒れて亡くなった、と電話で知らされたときに真っ先に頭をよぎったのが
「明日から1週間の仕事を誰にどうやって振ろうか」だったのにはちょっと愕然とした
思い起こせば高校時代に幼なじみが急死(自死ではないよ)したと親を通じて知らされたときも、
まず考えたのは「向こうの親御さんが知らない彼女の友人で、私が連絡取れる子は誰だろう」
次に考えたのは「お通夜の前にお宅にうかがう場合は普段着なのか制服なのか」だった
幼なじみも父も普通に好きというか、自分にとって大切な人であったはずなのに、亡くなって悲しい、とか涙が出てくる、みたいな感情が全くなかった
もう会えないことをさみしいなあ、とは思うんだけどね
この調子でいくと母のときも旦那のときも自分は泣けないんだろうなあ、という確信めいたものが今はあって、
だからこそそのときが来るのが怖い


927 :名無しさん@おーぷん :2018/07/25(水)00:36:33 ID:4Zg

>>926
なんかわかるなあ
悲しくないわけじゃないんだよね
悲しみを感じないようにそう振る舞ってしまう
一種の自衛本能みたいなもんだと思う

929 :名無しさん@おーぷん :2018/07/25(水)01:08:59 ID:Moi

>>926
すでに俺は両親の葬式を出してるよ。どっちも涙なんてなしだな。片付けただけだな。
もちろん、悲しいけど・・・。なんだか順番だし、葬式は納得の作業みたいだったな。
なんだか、難しいね・・。

930 :名無しさん@おーぷん :2018/07/25(水)02:01:54 ID:m5p

>>926
別におかしくない
泣いたり取り乱せばいいってもんじゃないし
怖いと思っているのは薄情だと他人から思われることに対してでは?

931 :名無しさん@おーぷん :2018/07/25(水)02:58:24 ID:8gD

>>926
色んな反応の人が居て良いんだよ
冷静な人が基本的には1番役に立つけど

感情的になる事で助かることもある
多様性は数万年生きてきた生物達の生き残り戦略的だ

[ 2018/07/25 15:00 ] その他雑談・討論 | TB(0) | CM(17)
身内が亡くなると葬式やら手続きやらで泣いてる暇なんかないんだけど
泣かないと外野から白状とか言われて面倒なんだよなぁ
[■ No.254432 ■ ] [ 2018/07/25 18:24 ] [ 編集 ]
無理して泣く必要もないよ
正直冷静な人がいてくれるほうが助かる時もあるしさ
[■ No.254433 ■ ] [ 2018/07/25 18:26 ] [ 編集 ]
自分もこのタイプだ。
惣領長女だからかなと思ってる。
3ヶ月とか半年とか経ってから、風呂場とか帰り道、スポーツクラブのシャワーブースとか変なところで急に号泣モードに入って困る。
[■ No.254439 ■ ] [ 2018/07/25 19:24 ] [ 編集 ]
私もこのタイプな上に、その内実感が沸いた頃に泣いたりするのかな~なんて思っても、何十年経ってもまったく泣けないんだよね。
もしかしたら、今のところ突然の訃報経験がないからかもしれないけど。
[■ No.254446 ■ ] [ 2018/07/25 20:21 ] [ 編集 ]
葬式二件出したけど、片方が突然で片方は来たるべくして来た訃報だった
どっちも後処理を全部自分で手配しなきゃいけなかったから、泣くとかそういう暇がなかったし、終わったら終わったで相続の手続きに駆けずり回ったからなおさらだった
全て手続きが終わった時には旦那と打ち上げしたくらい動き回った
もう「マジお疲れー!」みたいなすがすがしさだった
両方に生前面倒掛けられてたから、やっと終わったってのもある
これから先も、多分泣くのは旦那の時だけだろうな
[■ No.254452 ■ ] [ 2018/07/25 21:17 ] [ 編集 ]
人目があるほどに、自己防衛というか、一種の現実逃避が働くのか、衝撃強すぎると、すっと自分が後方に退く感覚がある。
背後霊のごとく、やや斜め後方から、自分含め全てを傍観(客観)視する感覚。もしくは、ブレーカー落ちるみたいに感情が遮断される。
泣かないから、泣き喚かないからって、人格否定される謂れはないんだがな。喜怒哀楽遮ることなく表れるのは、専ら一人の時のみだ。
[■ No.254453 ■ ] [ 2018/07/25 21:40 ] [ 編集 ]
感情に動かされずに冷静になれる自分格好いい!か
中二病も拗らせると悲惨だなあ
[■ No.254455 ■ ] [ 2018/07/25 21:51 ] [ 編集 ]
非常事態に感情って邪魔だと思うんだよね。
なんてことない日常の中の悲劇だからこそ、小説や映画で泣けるんだと思う。
落ち着いて日常が戻ってから感情は遅れてやってくると思う。
[■ No.254457 ■ ] [ 2018/07/25 22:03 ] [ 編集 ]
人って現実の世界と、自分の内面の世界の2種類あるんだから、現実で悲劇が起きても自分の内面の世界でまだ上手く処理できてなかったりすると泣くことができないなんて別におかしくないよ
普通の感覚
何十年も経過して、ようやっとその人のタヒを受け入れて泣いた人もいるくらいだからあまり自分がおかしいんじゃないか?と思わなくて大丈夫
[■ No.254483 ■ ] [ 2018/07/26 03:21 ] [ 編集 ]
No.254455
夏休みかい?宿題はやくやりな。

わかりやすく悲しまないと責める親戚ってなんだろねあれ?受け止め方はそれぞれなんだからほっといてやれとは思う。どっかの国とか北陸の一部みたいに泣き女でも雇えばいいのかしらん?
[■ No.254493 ■ ] [ 2018/07/26 08:03 ] [ 編集 ]
わかる自分もこのタイプだ。
普段はむしろ涙脆いのに。
[■ No.254495 ■ ] [ 2018/07/26 08:09 ] [ 編集 ]
あるある。小学校高学年で祖母が亡くなった時は泣けなくて悲しくないのかって怒られた。高校入ってから祖母の夢を見て、その時やっと涙が出たよ。
[■ No.254498 ■ ] [ 2018/07/26 09:12 ] [ 編集 ]
あのね、自分に甘い人は他人の不幸じゃ泣かないのよ。
[■ No.254527 ■ ] [ 2018/07/26 12:50 ] [ 編集 ]
自分に甘いやつほど周囲の不幸に涙する自分をアピールして面倒ごとを周囲に投げてくるよな
手配手続きなら仕事と思ってやるけどあんたの悲劇物語まで傾聴してる暇はねぇっつの
こっちの感情は自己処理するし情緒問題は泣ける人間同士で片付けてくれ
[■ No.254528 ■ ] [ 2018/07/26 13:01 ] [ 編集 ]
No.254527
それ実体験なら頭の病院に行った方がいいよ
想像で言ってるならあと10年人生経験積んでから出直せ
[■ No.254529 ■ ] [ 2018/07/26 13:16 ] [ 編集 ]
語り口が中二っぽいけど、後で悲しみが湧いて出る人もいれば、
たまたま、理由があってもなくてもそういうときもある。
※欄にも私も俺もと引きも切らない。
つまり、特別ではない、よくあることなので気にしなくてええねんで。
[■ No.254530 ■ ] [ 2018/07/26 13:27 ] [ 編集 ]
言い方悪いけど、フィクションの悲劇は無責任に泣けるからなー。
現実でしかも親しい人ってなると、ただ悲しんでるだけじゃいられないもの。
[■ No.255126 ■ ] [ 2018/08/02 12:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスランキング
admax【広告】
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
御来場者数
楽天