アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
母が電話で「父がいない」と泣きながら言うので慌てて実家に戻ったら・・・  【行き掛けの駄賃 】

行き掛けの駄賃

現在、おやつのブームは歌舞伎揚。ウマウマ
ヘッドライン

母が電話で「父がいない」と泣きながら言うので慌てて実家に戻ったら・・・  

今までにあった修羅場を語れ 30話目 [無断転載禁止]©2ch.net
http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1469087904/

375 名前:おさかなくわえた名無しさん@無断転載は禁止[sage] 投稿日:2016/08/13(土) 18:53:27.71 ID:0eInnqBQ [1/2]

母が急に電話で「父がいない」と泣きながら言うので事情が分からず慌てて実家に戻ったら父に出迎えられた
いるじゃん、と思ってたら奥から母親が出てきて私に向かって「まぁどちら様?」と
目の前にいる私と父をそうと認識できなくなってた
どうしていいのか分からず「この人(父)は身の回りのお世話を手伝ってくれる○○さんよ。私は娘さんの代わりに様子を見に来た××よ」と無理やり誤魔化した
それから何年も父は「誰?」「初めまして、お世話係の○○ですよ」「まぁ、夫と同じ名前。そういえば○○さんはどこ?」「出掛ける用事があるみたいですよ」
という会話を毎朝し続けた。途中からは実家に戻った私もそのやりとりに加わった



基本母は穏やかで、平和に介護をしていられたけど、毎日寂しそうに「夫と娘はどこかしら」と言うのでそれを誤魔化すのだけが辛かった
「あなたは私の娘によく似ているわ。あの子もこんな風に育つのかしら」と言われた日は干からびるほど泣いた
私があなたの娘だよと言いそうになるのを口の中を噛んで堪えた
母の1周忌を終え、発覚した時は修羅場だったなぁと思ったので書き込み
母は明け方寝ている間に亡くなったが、その夜12時頃珍しく寝言を言っていて、何を言ってるのか耳を寄せてみたら「○○さん、××、○○さん、××…」と私と父の名前を呼び続けていたのを思い出すと今でも泣けてくる
夢の中でくらい私と父に会えていたのなら良かったんだけどなぁ


378 名前:おさかなくわえた名無しさん@無断転載は禁止[sage] 投稿日:2016/08/13(土) 20:46:02.69 ID:edCW+92c [1/2]

アルツハイマーかな
悲しいね

379 名前:おさかなくわえた名無しさん@無断転載は禁止[sage] 投稿日:2016/08/13(土) 20:51:59.79 ID:xDQ9150x [1/3]

やべ。今横でアルツの母親が寝てるんだけど
泣けて来たわ
でも私だったら、私が○○よ!って言っちゃうな


380 名前:おさかなくわえた名無しさん@無断転載は禁止[sage] 投稿日:2016/08/13(土) 21:12:11.30 ID:ngq1z7OE

認知症の人間の言うことに反駁しちゃいかん、と言われてるよ。
残酷なこと言うようだが、別の世界に生きてる人間なんだということを認識しとかないとこっちが潰れるよ。
金貰って決められた時間だけ相手すればいい立場に居てもキツイ時があるし
肉親で24時間ずっと見とかなけりゃいかん立場の人間の思いは察するに余りある。

381 名前:おさかなくわえた名無しさん@無断転載は禁止[sage] 投稿日:2016/08/13(土) 21:23:42.48 ID:xDQ9150x [2/3]

いやそれは分かってる
今現実に介護してるから
でもそれでも言っちゃうかも
親子の拠り所がなかったら介護出来ない気がして


383 名前:おさかなくわえた名無しさん@無断転載は禁止[sage] 投稿日:2016/08/13(土) 21:41:25.00 ID:4g7Huxjw

でも、何で>>375は、
父ちゃんとともに「自分が夫&娘です」っていう流れを作らなかったのかなあ。
話しの流れで確認調じゃなくて自然に娘として夫として会話している間に
本人も娘や夫と認識できる瞬間もあったろうに・・・・その一瞬もなかったのかなあ

384 名前:おさかなくわえた名無しさん@無断転載は禁止[sage] 投稿日:2016/08/13(土) 22:03:06.59 ID:edCW+92c [2/2]

>>383
夫と娘がいるって記憶は残ったけど
目の前の人間が夫と娘って記憶はなくなっちゃったんだから
自分が娘ですって言っても不安にさせるだけじゃないか?
本人にしてみたら見知らぬ他人が突然娘ですって名乗るようなもんだ

385 名前:おさかなくわえた名無しさん@無断転載は禁止[sage] 投稿日:2016/08/13(土) 22:04:57.25 ID:0eInnqBQ [2/2]

>>380
母がそうなって実感しました
話が噛み合わないこともあるし、どれだけ頑張っても翌日にはその記憶はリセットされているので、最初の頃は毎朝期待してはがっかりする日々でした
母は比較的症状が軽い方だったのでまだ良かったですが、徘徊や暴力等があったら私も耐えられなかったかもしれません

>>383
最初は私と父を目の前に「あなたは誰?夫や娘は?」と聞いてくる母親に対してパニックになり、咄嗟に嘘をつきました
その後も名乗らなかったのは、母が私たちを家族として見る様子が見られなかった(基本常に他人行儀)ので母を混乱させないためということと、
名乗った時に「あなたは私の娘(父)じゃない」とはっきり言われてしまうかもしれない、ということが怖かったからです

最初の頃、母の調子が良さそうな日の朝に「あなたは誰?」と聞かれたので私と父が「この顔に見覚えはありませんか?」と聞いてみたら、母は不思議そうな顔をしました
もしもはっきりと「娘(夫)ではない」と言われてしまったら、その後もきちんと介護ができる自信がない、と父と話し合い、名乗ることはやめました
情けない話ですが、父も私も現実から目をそらして母と接していました

386 名前:おさかなくわえた名無しさん@無断転載は禁止[sage] 投稿日:2016/08/13(土) 22:19:43.69 ID:CV0pWt4h

>>385
本当にお疲れ様でした
真実がいつも正しいわけではないと思う
真実が不幸をよぶなら、嘘でほんの少しの幸せと
心の安定を求めても、それはきっと必要なものだったんだよ

[ 2016/08/14 18:00 ] 家族・義家族 | TB(0) | CM(18)
どう足掻いてももう治らないんだからそれなら嘘をついてでも気持ちを誤魔化して穏やかな日を過ごしたほうがいいよ
それこそあんたなんか娘じゃない!とか面を向かって言われたらもっと傷つくし
[■ No.184827 ■ ] [ 2016/08/14 18:32 ] [ 編集 ]
忘れられてしまうととても悲しいもの
一緒に過ごしたいいことも悪いことも全てなかったことになってしまって
どうしても確認してゴリ押ししたくなる気持ちもわかる
その人が心穏やかに生活できるためになら飲み込んだほうがいいのかもとも思う
報告者の方は同じ状況をお父様と分け合えたからこそやり遂げられたのだとも思う
どうしたらいいのか、同じような状況になった時にまた試行錯誤するだろうな
[■ No.184828 ■ ] [ 2016/08/14 18:51 ] [ 編集 ]
重度のアルツハイマーでも家族を認識できる時とできない時があるんだから
「私が娘」と言ってみても良かっただろうに。
まぁ本人も認識してるように、お母さんがどうとかより自分が傷つくのが怖かったんだろうな
介護の辛いところはウンコの始末とかより、そういうところなんだよな…
[■ No.184829 ■ ] [ 2016/08/14 19:08 ] [ 編集 ]
「誰だと思う?」は禁句。自分は毎回「◎◎が来たよ。あなたの娘だよ」と
自己紹介してた。認知症の人を混乱させてはいけないのだ。
[■ No.184831 ■ ] [ 2016/08/14 19:18 ] [ 編集 ]
うーんなんか結果的にこれが最良だった気もするから
外野がああすればよかったこうすればよかったって結果論でいうのってあんまり気持ちよくないな
[■ No.184832 ■ ] [ 2016/08/14 19:37 ] [ 編集 ]
アルツ父持ち
自分も発症する気がする
正気のうちにぽっくり逝きたいけどどうなることやら
[■ No.184833 ■ ] [ 2016/08/14 20:03 ] [ 編集 ]
これ見てると忘れられてしまう家族は勿論辛いし
認識できなくなってしまい、目の前に家族がいるのに
「二度と家族と会えない(認識できない)」状態に
ある日突然なってしまう患者側自身もほんと辛いわな

いつか認知症やアルツハイマーの特効薬でも出来て欲しいけど
果たしてそれは現実的に可能なんだろうかなぁ…
[■ No.184835 ■ ] [ 2016/08/14 20:04 ] [ 編集 ]
呆けでも何でもないが自分勝手で四六時中ため息と舌打ちしてる父と奴隷根性染み付いてるメンヘラ母に今でさえウンザリしてるから認知症になられたらブチ切れて投げ出してしまいそうだ
[■ No.184837 ■ ] [ 2016/08/14 20:18 ] [ 編集 ]
へぇ…
私が娘よとかいっちゃダメなのかな
切ないなぁ…
[■ No.184840 ■ ] [ 2016/08/14 20:36 ] [ 編集 ]
381の親子の拠り所がなかったら介護ができなくなるっていう言葉も辛いな。
多分、今かなりしんどい状況なんだろう。
報告者さんはお父さんと二人がかりだったから乗り越えられたのかもしれん。
[■ No.184845 ■ ] [ 2016/08/14 21:56 ] [ 編集 ]
これは仕方ないよね……

介護、お疲れさまでした
[■ No.184856 ■ ] [ 2016/08/14 23:16 ] [ 編集 ]
これまた皆さん人生の達人ばっかりで
[■ No.184874 ■ ] [ 2016/08/15 01:18 ] [ 編集 ]
184832
同意だわ
[■ No.184882 ■ ] [ 2016/08/15 04:02 ] [ 編集 ]
ウチの婆ちゃんは私のことを忘れなかったけど、爺ちゃんの通夜のときに集まった親戚の男性陣に「あんたら誰?」と言い、「あなたの孫」と答えを聞いても「ふーん…?」と疑ったのに、別の時に同じ人に「葬儀屋です」と答えられたら「ああ、どうもご苦労さまです」のニコニコして頭下げたんだって。婆ちゃんの脳内にある孫は子供の姿のままで、成人した男性では無かったのかな?
[■ No.184894 ■ ] [ 2016/08/15 07:53 ] [ 編集 ]
うちのじいさんも従姉妹の事を娘たちだと思ってて
一番下の孫の私は存在が消えてたから
そんなもんなんだろう
[■ No.184904 ■ ] [ 2016/08/15 10:53 ] [ 編集 ]
184835
入院中の母親を見舞ったら、自分が送った絵はがきを「娘がくれたの」と嬉しげに見せられたって書き込みを思い出したよ
その人も、一番悲しいのは、二度と娘と会えなくなった母親だと思う、と書き込んでいた
[■ No.185062 ■ ] [ 2016/08/17 03:10 ] [ 編集 ]
近所のホームで介護してもらってたばあちゃんに毎回、
〇〇は今何歳になって、あなたの孫ですよ。
私があなたの孫の〇〇ですよ。って自己紹介してた。
嘘だ嘘だ、お前は誰だ、〇〇に会わせてって錯乱される時もあったし、
随分大きくなったね!こないだまで幼稚園だったのに、今何年生?って
ばあちゃん、私もう30歳超えてるんだよ。
孫どころか旦那様もまだって恥ずかしそうな娘モードだった時すらあった。
可愛かった。

ある日なんだか急に、あー〇〇ちゃん?って一瞬戻った翌日に
すぅっと亡くなった。
認知症って千差万別だから対応難しいよね。
[■ No.185248 ■ ] [ 2016/08/18 20:19 ] [ 編集 ]
こういう時のああしたらこうしたらは、当事者を抉るだけだよな。
特にこの話は最良っぽく見えるのに、それ以上を求められてもな。

この報告者の心が安らかになっている事を願う。
[■ No.232061 ■ ] [ 2017/12/19 00:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

アクセスランキング
admax【広告】
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
御来場者数
楽天